ウルル(エアーズロックへの旅NO.2
Adelaide to CooberPedy)

Sidの10行海外紀行 Vol.1 NO.004


アデレード駅でIndianPacific号と別れグレイハンズバスに乗るためバスデーポに向かった。何せ初めての土地で何処にバス停が 有るのか分らなかったが、幸い訪ねた人が丁寧 に教えてくれたので、徒歩10分程度の場所にあった。バスは18時30分アデレード を出発し翌朝(6月20日)5時20分にクーバペデイ(Coober Pedy)に着く。グレイハンズバスは周遊券を事前にA$510(35,700円程度) で購入し、これから行くアリススプリングエアーズロック、キングキャニ等遊出来る。
 バスはほぼ満員だが、かなり冷え、中々寝付けなかった。1時間から2時間ぐらい走ってはバス停に止まり、トイレ休憩と軽いス ナックで食事。これを繰り返し、翌朝5時20分頃クーバ ペデイに到着。そこから徒歩でデザートケイブ(Desert Cave)と言う地下 ホテルに向かった。
このあたりは昔からブラックオパールの発掘が盛んな土地で、しかも日中は灼熱の砂漠地帯のため、地下に家を掘り生活している。 従ってホテルも地下になる。オーストラリアの砂漠地帯は白銀の砂漠でなく、赤土の荒涼とした砂漠である。日本の感覚から地下 はジメジメシした感があるが、ここでは全くそれを感じさせず、適温適湿で快適である。周囲には 未だにオパールの採掘が行われて、観光客用に採掘の歴史資料館もある。地上に出て辺りを見回すが、人影は無く赤い大地に所々 採掘用の丘が幾つか見えるだけで、静寂な赤い砂漠が果てしなく続く光景は別世界に来た感を与えた。
 2日間、列車泊とバス泊が続き疲れたのと、翌日5時発で次の目的地、アリススプリングに 向かうため夕食を終え早々と寝てし まった。

 ここで地図を見ながら現在位置を確認しておこう。図1はオーストラリア全土の図で右下に 有る@がシドニー、Aがアデレード、Bがクーバペデイ、C、Dがこれから行くアリススプリン グ、エアーズロックとキングキャニオン地方である。図2はインデアンパシフィック号でシドニー からアデレードまでの列車のルート、図3はグレーハンズバスでアデレードからクーパペデイ までの道のりを示したものである。

図1
図3
地下ホテル

図2
GreyHands バス
CooberPedy周辺の風景
copy right: 利学塾(Rigaku Crammer) all rights reserved