オーストラリアの運転免許と警察

Sidの10行海外紀行

オーストラリアに赴任し、まず必要な物の一つとし運転免許証がある。
赴任の当初は日本からの国際免許証で運転出来るが、ニューサウスウエール州では赴任者は赴任後3ヶ月以内にオーストラリア の運転免許証を取得することが推奨されている。
 オーストラリアでは日本の免許証を見せてもオーストラリアの免許証を発行してくれない。
免許を新たに取るためには、まず始め学科試験を受ける。実はこの試験は無料で何度受けてもかまわない。実際はこの試験、 パソコン相手にモニタに出てくる45問の 4者択一問題で41問正解すると合格。刻々の自分の点数がわかり、合格点に達しないと其の時点で試験は終わる。しかし調 子よく満点に近づくと緊張が走る。
 日本人は日本語の試験問題がなく、英語で受験する。中国、タイ、インドネシア、韓国人は母国語で受験できるが、残念な がら日本語はサポートされていない。試験は制限時間がなく、辞書を引き引きやってもOK。話による事前に予約すれば通 訳も付けてくれるそうだ。但し、相談したり交通規則の本の持込は禁止。
 これに合格すると初心者は"L"マーク(Learner)と仮免許証が与えられ、6ヶ月間の路上運転練習が義務付けられ ている。Lマーク者は運転できる人に同乗をく願い、運転練習を始める。私の娘がオーストラリアで運転免許を取ったとき は私が助手席に同乗し指導した?。Lマーク取得後6ヶ月間路上運転練習を終えた者または、日本の運転免許証を持ったも のは日本で言う運転試験所(RTA:Road Traffic Authority)に行き実地試験を受ける。これに合格すると正式の運転免許証がもらえる。
 合計の費用は3000円から5000円以内で取れる。但し、オーストラリアには教習所がない代わりに、個人で教える人 がいる。日本の免許を持っている人も、実地試験の前にこの種の教習を受ける人もいる。こうなると1万円以上かかる事になる。
 晴れて実地試験に合格すると正式免許証が交付される。日本の免許証よりカラフルで、顔写真も笑顔で取ることが勧められ、 日本の運転免許写真とだいぶ違う。正式運転免許証をもらうとPマーク(Provisional)を1年間付けることが求められる。
 オーストラリアで5年間運転し、数回スピード違反で捕まった。パトカーに追っかけられて捕まったのでなく、信号機に付 けられた隠しカメラでスピードとライセンスプレートの番号が撮られ、後日ラブレターが来る羽目になる。私の車は社用車 なので、会社に違反手紙が届き、秘書がニヤニヤしながら持ってくる。承諾すれば違反切符とお金を警察に持ってゆき一見 落着となるが、若い警察官から、”ノーテイ・ボーイ”と言われ腹がたつ。
 飲酒運転に関しては日本程厳しくなく、私も何度か付き合いで酒を飲みに行き、車で帰宅し(車がなければ帰れない)途中 で検問にあい、何度か飲酒運転検査を受けた。しかしビール1杯程度では捕まらなかった。検査で使ったパイプをお土産に くれ、これを幾つも持っている。5年間のオーストラリア駐在中で、幾度かの罰金の支払い、飲酒運転のチェック等でも、 一度も運転免許証を警察官に見せた記憶がない。全く良い国だ?!。
 但し、飲酒運転で捕まると高額の罰金(払ったことが無いのでわからない)と会社からも厳しい制裁を受ける。特に事故を 起こすと会社を首になる危険があるので十分注意。

飲酒規則1
飲酒規則2
copy right: 利学塾(Rigaku Crammer) all rights reserved