オーストラリアの運転免許と警察(2)

Sidの10行海外紀行

前回は赴任者の運転免許取得について書いたが、今回は私の娘が始めてオーストラリアで運転免許を取得し、 日本帰国後簡単にオーストラリア免許証を日本の免許証に変更できた例を記述する。
 私が赴任する時、娘は丁度高校3年生で大学受験の最中であった。従って、最初の1年は単身赴任を余儀なくし た。幸い受験も無事終わり、大学に入学準備をしていた3月頃1年間の束で英語の勉強と異文化経験をさせるた め入学前に休学手続き?を取りオーストラリアに呼び寄せた。
 4月からはTAFE(国立の高等職業訓練所のようなもの)の外国人向け英語コースに入学させた。当初は慣れ ないせいもあり、嫌がっていたが1ヶ月程度で慣れ始めた。その頃からここで運転免許を取ることを勧め、例の学 科試験を受けさせた。合格すると仮免許とLマークを貰い、運転免許を持っている者に指導を受けながら路上運 転練習を始めることが出来た。娘の場合、私が運転指導員となり、私の車で運転練習を始めた。練習の初日はハ ンドル、ブレーキ、ギヤーチェンジ、ウインカー等の操作を教えた後、いよいよ娘が始めて運転するとなるとお 互いに緊張した。私は助手席でサイドブレーキを握り締め発進し、10メータ程度車を走らせ、停止できた時には 両者共ほっとした気持ちを今でも生々しく覚えている。私が住んでいたモスマン近郊は空いている道路が沢山あり、 練習道路を簡単に見出せた。最初はタロンガ・ズーのそばでよく練習をした。海に近く空いているのと、道幅が広 く見通しがよく、更にランドアバウト、坂道もあり練習コースとしてはもってこいの場所であった。私は教えるの にこれと言うガイドブック類を読まずに、経験に基づく自己流で娘を仕込んだ。
 3ヶ月頃から大分運転にも慣れ、私も助手席でのんびり出来るように成ってきた。Lマーク者はLマークを車の見 やすいところにつけ、6ヶ月以上の路上練習を経てから実地試験を受けることが出来る。6ヶ月間で何時間以上路 上運転する必要が有るかと言うと、明確な規定はない。単に6ヶ月以上経たないと実地試験を受けられない仕組み になっている。
 4ヶ月目頃、例により二人で運転練習のためにタロンガ・ズーに向け家のガレージを出た。モスマン近郊はビューテイ ・ポイント、バルモラル・ビーチ等綺麗な海岸が沢山ありしかも大きな駐車場が完備し、ジョギング、水泳、釣り、 海岸でいすに座り本を読みのんびりする人々が多く居る。今日はバルモラルを通ってタロンガ・ズーに行こうと娘 に言い、バルモラルに行く大通りを左折しようと信号を待っていた。生憎休日の10時頃でバルモラルに向かう道は 混んでいて、しかもバルモラルに通じる道は最右側の車線だけが行けだ。左側の2車線は十分に入れたが、左車線に 入ってしまうと右車線には強引に割り込まないと入れない状態であった。娘は信号が青になるや当然のように左折し 最短距離で混んでいるバルモラル方面の右車線の最後尾に車をつけた。私も何も気にせず右車線の最後尾に無事に つけた事でほっとしていた。混んでいたバルモラル方面の車線の車も流れ始め、暫くしてから海外方面に右折しバ ルモラルに向け順調に走り出した。そのとき娘が後ろからパトカーが来るよと言ったが、気にせずバルモラル経由で タロンガに向け走らせた。大分道路も空き始めた時に、クラクションが後方から鳴ったので娘は、パトカーが未だ着 いて来ると言ったので、停車させ私が降りてパトカーに"何か有ったのですか?”と聞いた。すると警察官は先 ほどの交差点での左折の仕方の指導が
悪いと言い、最初に左の第一車線又は第二車線に入る。その後右ウインカーを出し最右車線に方向変更をするのがルール だと言われた。そのとき確かにルールはそうだったと思い出しながらも、口のほうが先に、右車線はあれ程混んでいて どうして第一、第二右車線に入らなければいけないのかとつい言ってしまった。警察官は待ってましたとばかりルール を盾に延々喋りまくり、英語での喧嘩練習も疲れ、最後にご忠告ありがとうと言って別れた。例の左折事件?から10 分程度してから言われたものでこちらも忘れかかった時であった。オーストラリアの警察官は親切なのか、暇なのか?  暇のはずはない。これは私が赴任し3ヵ月後に空き巣に入られ、日本から持ってきた新品の一眼レフカメラ、望遠レ ンズ、ビデオカメラ、プリンタをそっくり取られた。単身のせいで金目のものはそれだけで、現金は全財産(たいし た金額ではないが)持ち歩き家にはない。その時警察に電話したが、警察官が来たのは電話してから何と3時間後で 、来ても進入経路を調べ、怪我が無く良かったねと言って10分もせずに帰ってしまった。其れからして暇なはずが ない。するとやはり親切心か?!感謝を言って置いてよかった。
 晴れて6ヶ月の路上運転練習時期が終わり、いよいよ実地試験を受けられる時期になった。娘にとって勿論始めての 実地試験のため、例の個人でやっている運転教習者にお願いし2時間の練習を受けさせた。この訓練で実際に実地試 験で走る幾つかのコース、試験内容を教わり為になったようだ。確か日本円で1万円程度だった。その後実地試験を 受け無事合格し、晴れてオーストラリアの運転免許証とPマーク(日本の若葉マーク)を貰って、サー今日から一人で 運転できるとニコニコしながら帰ってきた。免許証を取得するまでに何と2万円以下で終わったことになる。日本では 教習所で習うと30万円程度と聞いていたので、運転免許に関して親孝行をしてくれた。数年後日本に帰国し、二俣川 の運転試験所に出向き、オーストラリアの免許証を見せ、目の検査を受けた後、日本の免許証に書き換えてくれた。 従って、合計金額は3万円以下で取得したことになる。ここで、念のために、オーストラリアで運転免許を取得すれば 安上がりすると誤解されると困る。運転免許を取得するには半年以上オーストラリアに在籍し、正式な住所を持たなけ れば免許を取得することは出来ない。6ヶ月以上の滞在となると観光ビザでは出来ないからだ。
 娘は結局1年経っても日本に戻らず日本の大学を一日も出席せずに退学し、オーストラリアでTAFEとUTSで勉強 し私の帰国と前後し帰国した。

copy right: 利学塾(Rigaku Crammer) all rights reserved