オーストラリアでの高速道路

Sidの10行海外紀行

オーストラリアの高速道路は概して渋滞も無く、基本的には無料であるから非常に便利である。
私達が住んでいたモスマン(シドニー北部)からメルボルンまで約900kmある間で、有料道路料金は
(1)ハーバーブリッジが北部からシテイに入るのにA$2.0(約160円)但し、帰りは無料
(2)サウス・ウエスターン・フリーウエイの一部でA$1.5(約120円)
合計金額(片道)は約280円だけである。ちなみに日本の場合、長野の親戚まで中央高速を相模湖イ ンターから使う と約230kmで5200円かかる。
 オーストラリアの高速道路の制限速度は110km/hの規制が多い。勿論一部区間はそれより低い 区間もある。日本のように100km規制道路で120km以上で走っているような者は殆ど見かけ なかった。中には田舎に入ると、高速道路といえども一般道のような道もあり、その様なところでも制 限速度は110kmと成っているにはびっくりする。
 一部の高速道路を除き、道は綺麗に整備され、日本の中央高速、東名高速とあまり変わらない。休憩所 が日本のように大きな物が無く、小さな休憩所がたまにある程度である。食事をしたければ高速道路を 一度降り、町に立ち寄ってから再度高速道路に入ることになる。高速道路は殆ど渋滞は無く、むしろ田 舎に入ると前後に車が居なくなり、ただ一人走ってると言う感じになる。従ってスピードもほぼ110 kmで安定して走れる。このような運転環境では速度自動制御装置が装備されている車は運転が非常に 楽だし、警察の監視に対し安全である。シドニーからメルボルンに向かう途中1時間から2時間おきに 町を通る。それ以外のところは一面の野原で、ついついスピードが出てしまう。私の車はカンパニカー で自動速度制御装置が付いているので、110kmに設定し走っているが、時々私の車をゆっくり追い 抜いて行く車があると、数分後にその車が警察のチェックに引っかかり道路わきに寄せられているのを 何度か見た。(多分彼らは120km近くで走ってたのだろう?)
 シドニーからメルボルンに車で行くには内陸を通る道と、海沿いを通る道がある。内陸コースではシド ニーのハーバーブリッジ、サウス・ウエスターン・フリーウェイを使い、キャンベルタウン、グールバ ーン(キャンベラ近く)、スノイーマウンテン近くを通り、アルバニ(ビクトリア州との境)に着く。 途中幾つかの一般道を走り、再びメルボルン近くまで高速道路となる。朝6時ごろモスマンを出て夕方 6時ごろにはメルボルンのシテイ内ホテルに着いた。運転は女房と二人で交代して運転し、その間に幾 度かの小休憩と昼食以外はひたすら運転をした。距離は約890kmであった。ガソリンはほぼ90 リッターで、リッター80セントで、約5760円程度であった。
 オーストラリアに5年間滞在し、高速道路では料金を払わない癖がつき、帰国し日本の高速道路を使うと ちょくちょく料金所でお金を払わなければ成らない場面に当たる。そのたびに日本は混んでいて、何でこ んなに高いのかと感じつつ、渋々料金を払う癖が付いてしまった。


Habor Bridge
休憩所

Goulburm付近
copy right: 利学塾(Rigaku Crammer) all rights reserved