Lord Howe Island (NSW, Australia)

Sidの10行海外紀行 Vol.1, NO. 001

オーストラリアのシドニーとブリスベーンの間を東に約800Kmの海上に位置する長さ11km幅2.8kmの南北に長い 世界遺産の島。島に上陸できる人数は限られていて、事前に申請が必要です。魚は多く、海岸から1m位の魚が 何匹も泳いでいる姿が見えます。日本人には知られていない風光明媚な島です。
  映画館等の娯楽施設はなく、夜道は真っ暗。レストランからホテルに戻る100m位の帰り道に四苦八苦。島内 観光はバンタイプの車での観光でしたが、レンタルバイクで十分廻れます。ゴルフ場は島内に1つありますが 無人で料金を置きプレーをします。岩だらけのコースで、これまた大自然を満喫できるゴルフ場です。南端 にはBallPylamidと言う高さ551mの険しい山があり、ガイドが付かなければ登れません。美しい海、魚、鳥、 木々に囲まれた大自然の中で、人間本来の生活を取り戻せた気がしシドニーに戻りました。

(参照 http://www.lordhoweisland info/)

copy right: 利学塾(Rigaku Crammer) all rights reserved